2020年01月15日

YOSHIKIや松本人志も悩む不眠症を克服する方法とは?

睡眠障害に悩む人は年々増加しています。芸能人も睡眠の問題を抱えていることを告白していることも多いです。

例えばX JAPANのYOSHIKIは自分で睡眠障害の克服するための作曲をしていることを明らかにしています。

その他にもダウンタウンの松本人志さんは、自分が睡眠障害であることもラジオで告白しています。

芸能人だけが不眠症で悩まされているのではなく、一般的にも睡眠薬がないと寝れないという人が増えているのです。

睡眠を少しでも良いものにするためにどんなことができるのでしょうか?

具体的な方法について紹介していきます。



生活習慣の改善は絶対に行わなければいけない

芸能人で睡眠障害が多いのは昼夜逆転の生活を送っているからです。

太陽の光を浴びることによって自律神経が正しく働くようになりますので、最近眠りが浅いと悩んでいる人は、少しでも生活習慣を改善していくことが必要です。

寝る前にテレビを見たりゲームをしたり、携帯をいじる習慣を2日だけでもやめてみましょう。

また、激しい音楽を聴くのも睡眠によくありません。穏やかなBGMを聞くのは問題ありませんので、たとえばYouTubeにあげられている睡眠BGMなどを聴いてリラックスしてから寝るという習慣をつけましょう。


夜には考え事をなるべくしない

これは非常に難しいことですが、真面目な人ほど今日1日の反省をしてしまうものです。

島田紳助さんや松本人志さんなどは、根が真面目なので睡眠障害になりやすい性格でしょう。

頭の回転を少しでも押さえてから眠りにつくのがポイントです。

YOSHIKIさんのような天才型がなかなか不眠症を克服できないのは、頭の回転やアイデアが常に湧き出てしまうからです。

夜に仕事のことを考えるのではなく、明日の朝になったら悩むというポジティブシンキングが必要なのです。


ただしそう簡単にできるものではありませんので、安眠BGMやヒーリングミュージックなどを活用しながら少しでもリラックスして眠りにつきましょう。



次回の記事では、さらにもっと具体的な方法についてお伝えします。

不眠症を克服して、免疫力もあげていきたいものですね。



posted by 裏ニュー at 02:09| 睡眠改善方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。